血液クレンジングの方法や健康への効果、またリスクに関する注意点

2018年8月31日 投稿者: admin

血液クレンジングはどのように行われるのか

血液クレンジングの方法は、一度ドロドロになった血液を採血で取り出して、オゾンを混和します。血液をオゾン化することで、酸素飽和度を最大限に増やし、抗酸化力に優れたサラサラの血液に浄化するのです。浄化された血液は、15分ほどかけて点滴で体内に戻します。

オゾンとは、空気にごく微量に存在していて、他の物質と結びついて酸素に戻ろうとする性質がある物質です。その際に、強い除菌効果や脱臭効果を発揮します。

どのような人におすすめするのか

血液クレンジングは、若さや健康を長く維持したい人や毎日を元気で楽しく過ごしたい人におすすめです。たとえば、肩こりや冷え性、腰痛などに働き老化防止に繋がります。疲労回復や生理痛も緩和され、活力や意欲の強化も期待できるでしょう。また、病気で苦しんでいる人も対象であり、血管を丈夫にするため、高血圧や高脂血症、動脈硬化などの予防におすすめです。コレステロールを正常化し、あらゆる生活習慣病を予防します。癌の家系の人にも、積極的な予防に役立ち、それ以外の病気にも、免疫の改善で感染を予防するのに効果的です。また、不妊治療にも血液クレンジングが用いられます。

副作用はあるのかどうか

血液に他の物質を混入させることは、副作用を伴う可能性があり、安全とは言い切れません。しかし、日本では広告などにより血液クレンジングの情報は目立ってきています。オゾンを正しく用いるようにして、血液クレンジングやオゾン療法に正しい理解を持ち、安易な代替療法には注意が必要です。

血液クレンジングは血の巡りが良くなり、ドロドロだった血液がサラサラになるのが特徴です。病気などのリスクを減らせるだけでなく、アンチエイジングにも効果があります。